サイバーエージェント、ネイティブゲームアプリの開発強化を目的に「Unity」「Cocos2d-x」のエンジニアを育成 | GameBusiness.jp

サイバーエージェント、ネイティブゲームアプリの開発強化を目的に「Unity」「Cocos2d-x」のエンジニアを育成

その他 その他

株式会社サイバーエージェント  が、同社内のネイティブゲームアプリエンジニアの育成を目的に、ゲームエンジン「Unity」「Cocos2d-x」の技術を習得する社内研修「ネイティブアカデミー」を開始すると発表した。
  • 株式会社サイバーエージェント  が、同社内のネイティブゲームアプリエンジニアの育成を目的に、ゲームエンジン「Unity」「Cocos2d-x」の技術を習得する社内研修「ネイティブアカデミー」を開始すると発表した。
株式会社サイバーエージェントが、同社内のネイティブゲームアプリエンジニアの育成を目的に、ゲームエンジン「Unity」「Cocos2d-x」の技術を習得する社内研修「ネイティブアカデミー」を開始すると発表した。

同社は既に多くのネイティブゲームアプリを開発・運営しており、ネイティブゲームアプリのヒットタイトル創出を目的とした専門部署「Ameba Native Game Studio」を今年6月に立ち上げている。これらに加え今回ゲームエンジン「Unity」「Cocos2d-x」の技術習得を目的としたエンジニア育成制度「ネイティブアカデミー」を実施することで、さらに開発体制の強化を行っていく。同制度は今年12月に開始し、「Unity」「Cocos2d-x」それぞれのコースで各20名ずつ外部研修を実施し、約1か月間での技術習得を目指すとしている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら