「Oculus Rift」対応のゲームを3週間で開発する「VR Jam」が来月開催 | GameBusiness.jp

「Oculus Rift」対応のゲームを3週間で開発する「VR Jam」が来月開催

その他 その他

Oculus VR及びIndieCadeは、VRヘッドセット Oculus Rift 対応のゲームを3週間で開発するゲームジャムイベント“ VR Jam ”を来月実施すると発表しました。カテゴリーは10の選抜チームが競う「Selected Developers」とインディー開発者なら誰でも参加可能な「Open Call」
  • Oculus VR及びIndieCadeは、VRヘッドセット Oculus Rift 対応のゲームを3週間で開発するゲームジャムイベント“ VR Jam ”を来月実施すると発表しました。カテゴリーは10の選抜チームが競う「Selected Developers」とインディー開発者なら誰でも参加可能な「Open Call」
Oculus VR及びIndieCadeは、VRヘッドセットOculus Rift対応のゲームを3週間で開発するゲームジャムイベント“VR Jam”を来月実施すると発表しました。カテゴリーは10の選抜チームが競う「Selected Developers」とインディー開発者なら誰でも参加可能な「Open Call」が用意されています。

賞金総額50,000ドル以上のVR Jamはインディーズ開発者にとって名を上げるチャンスとなるのではないでしょうか。実施期間は8月2日から8月25日(最終ビルドの提出日)まで。9月13日にファイナリストが発表され、9月19日に受賞者が発表されます。なお、受賞作品は10月3日から3日間開催される IndieCade Festival 2013にて展示されるそうです。

その他、詳細なルールなどはこちらをご確認下さい。このVR Jamの実施で多くの優れたVR作品が登場する事に期待です。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら