ジンガ、Xbox責任者のDon Mattrick氏が新CEOに就任 創業者のMark Pincus氏は会長に | GameBusiness.jp

ジンガ、Xbox責任者のDon Mattrick氏が新CEOに就任 創業者のMark Pincus氏は会長に

その他 その他

米大手ソーシャルゲームディベロッパーZyngaMicrosoftが、これまでマイクロソフトにてXbox事業の責任者を務めてきたDon Mattrick氏が同社を退職し、7月8日にZyngaのCEOに就任すると発表した。

Don Mattrick氏は、2007年にマイクロソフトIEB(Interactive Entertainment Business)のプレジデントに就任し、以来Xbox 360及びXbox LIVEの事業を牽引してきた人物。ちなみにマイクロソフトの重役がジンガに転職する事例はこれが2度目で、以前もXbox LIVE事業を担当していた元マイクロソフトIEBバイスプレジデントのJohn Schappert氏がジンガのCOOに就任している(現在は退社)。

なお、これに伴い現ジンガCEOのMark Pincus氏は会長に就任し経営面からは退くこととなる。Pincus氏スタッフ向けのメッセージにて「私はずっとBingや取締役会に私よりもCEOに相応しい人物を見つけられるなら何でもすると言ってきた。私はDon(Mattrick氏)こそがその人であると確信している」と語っている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら