『Saints Row IV』に引き続き『State of Decay』が豪州にて発禁処分に、ドラッグ使用の描写が原因か | GameBusiness.jp

『Saints Row IV』に引き続き『State of Decay』が豪州にて発禁処分に、ドラッグ使用の描写が原因か

その他 その他

セクシャルバイオレンスやドラッグへの称賛を暗示するような描写でオーストリアのレーティングボード(ACB)にて審査が拒否された『Saints Row IV』のニュースを昨日お伝えしましたが、新たにXbox LIVE アーケード向けのゾンビサバイバルアクション『State of Decay』も審査を通らなかったことが明らかとなりました。ファンの要請でR18+区分が今年1月に制定されてから、ACBにて発禁となったゲームはこれが2本目となります。

開発のUndead Labsは、公式ファーラムにてファンに悪いニュースがあるとACBでの審査拒否を報告し、ゲーム内のドラッグ使用描写が禁止事項に触れていた可能性を示唆しました。レーティングの要望に応じるよう薬の名前を変更する選択肢を含め、現在Undead Labsはマイクロソフトと共同で修正作業を行なっているとのこと。

Undead Labsはファンと同様に我々も苛立ちを覚えているともコメントしたものの、一方でそれぞれの国にはコンテンツについて独自のルールを制定する権利があり、開発側にはそれを尊守する責任があるとも述べています。なお『State of Decay』は公式フォーラムにて日本や韓国でも発売が行えないことが明らかにされていました。

ACBでは過去より『Left 4 Dead 2』や『Mortal Kombat』などのバイオレンスタイトルが審査を通らず、一方で『Dead Rising 2』がなんの修正も無く審査を通るなど、不可解な審査基準が問題となっていました。2010年に5万5千ものレポートが提出され、ついに2013年1月1日よりついにR18+レーティングが始動した中での発禁処分だけに、豪州ゲーマーからは疑問の声が挙がることになるかもしれません。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら