2014年発表のゾンビRPG『Dead Island 2』開発は“まだ生きている”―Deep SilverがTwitterで発言 | GameBusiness.jp

2014年発表のゾンビRPG『Dead Island 2』開発は“まだ生きている”―Deep SilverがTwitterで発言

ソンビはまだ死んじゃいない。

ゲーム開発 その他
2014年発表のゾンビRPG『Dead Island 2』開発は“まだ生きている”―Deep SilverがTwitterで発言
  • 2014年発表のゾンビRPG『Dead Island 2』開発は“まだ生きている”―Deep SilverがTwitterで発言
  • 2014年発表のゾンビRPG『Dead Island 2』開発は“まだ生きている”―Deep SilverがTwitterで発言

2014年にE3で発表されてから現在まで、幾度の延期発表やデベロッパー変更が行われてきたゾンビアクションRPG『Dead Island 2』。本作のパブリッシングを担当するDeep Silverは、Twitterでのファンとの交流でシリーズがまだ終わってないことをあらためて報告しています。

投稿内では『Dead Island 2』が出ることを「もう諦めよう」と投稿したユーザーに対し、同社が「それはどうでしょう?」と返信。その後のファンとの交流で「最新作についてはまだお話できないが、情報はここで紹介する」とプロジェクトが終了していないことをあらためて強調しています。

本作は2014年の開発発表以来、開発スタジオをYager Development、Sumo Digital、そして現在取り組んでいるDambuster Studiosに変更。これまで何度か「ゲームは開発中である」という報告などはされているものの、ゲーム内容などの詳細はいまだほとんど明らかになっていません。なお、2020年4月にDambuster Studiosが求人を募集していることが明らかになっています。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら