iOS/Androidゲームアプリ専用クロスプロモーションプラットフォーム「AppExTrade」の提供が開始 | GameBusiness.jp

iOS/Androidゲームアプリ専用クロスプロモーションプラットフォーム「AppExTrade」の提供が開始

その他 その他

Zucks(ザックス)は、ゲームアプリ専用クロスプロモーションプラットフォーム「AppExTrade(アップエクストレード)」の提供を開始したことを発表しました。
  • Zucks(ザックス)は、ゲームアプリ専用クロスプロモーションプラットフォーム「AppExTrade(アップエクストレード)」の提供を開始したことを発表しました。
  • Zucks(ザックス)は、ゲームアプリ専用クロスプロモーションプラットフォーム「AppExTrade(アップエクストレード)」の提供を開始したことを発表しました。
Zucks(ザックス)は、ゲームアプリ専用クロスプロモーションプラットフォーム「AppExTrade(アップエクストレード)」の提供を開始したことを発表しました。

「AppExTrade」は、スマートフォンやタブレット端末を含むモバイル関連事業を展開するZucksが、iOSおよびAndroidのゲームデベロッパー向けに提供を開始するクロスプロモーションプラットフォームで、「無料クロスプロモーション機能」「マネタイズ機能」「自社広告配信機能」などを備えています。

「AppExTrade」を導入することで、ゲームアプリディベロッパーはアプリ同士で広告枠を交換し合い、無料でアプリのプロモーションを行うことができます。
また、掲載した広告経由でのアプリのダウンロード数に応じた広告収益によるマネタイズや、自社広告配信による自社アプリ間のユーザーの相互送客が可能で、「無料クロスプロモーション」や「マネタイズ」、「自社広告」のそれぞれの掲載比率は、管理画面から簡単に調整できます。

<機能紹介>
1.無料クロスプロモーション(2013年7月中旬提供開始予定)
「AppExTrade」を導入しているアプリ同士で広告枠を交換し合い、自社アプリの広告枠に他者の広告を掲載した回数に応じて、他者のアプリにも自社アプリの広告を掲載することができます。そのため、無料でアプリのプロモーションを行い、ユーザーの集客を促すことが可能です。
2.マネタイズ機能
自社アプリに掲載した広告経由でユーザーがアプリをダウンロードした場合、ゲームアプリディベロッパーは、ダウンロード数に応じた広告収益を得ることができます(CPI)。
3.自社広告配信によるユーザの相互誘導
複数のアプリを運営しているスマートフォンアプリディベロッパーは、自社が運営するアプリの各広告枠に、自社の別のアプリ広告を掲載することで、無料で自社で抱えるユーザーの相互送客を図ることが可能です。

なお、本日より7月31日までの期間中にアカウントを開設し、「AppExTrade」 を実装してアプリをリリースした方3名に、10,000ダウンロードをプレゼントするキャンペーンが実施されます。
詳しい詳細などは、ぜひ「AppExTrade」のサイトで確認してみてください。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら