レイオフされたジンガボストン支社の元社員、新たなスタジオ「Proletariat」を立ち上げ再出発 | GameBusiness.jp

レイオフされたジンガボストン支社の元社員、新たなスタジオ「Proletariat」を立ち上げ再出発

その他 その他

昨年10月に突然閉鎖された米大手ソーシャルゲームディベロッパー  Zynga  のボストンスタジオに所属していたスタッフ達が、新たなスマートフォン向けゲーム開発スタジオ「  Proletariat  」を設立した。
  • 昨年10月に突然閉鎖された米大手ソーシャルゲームディベロッパー  Zynga  のボストンスタジオに所属していたスタッフ達が、新たなスマートフォン向けゲーム開発スタジオ「  Proletariat  」を設立した。
  • 昨年10月に突然閉鎖された米大手ソーシャルゲームディベロッパー  Zynga  のボストンスタジオに所属していたスタッフ達が、新たなスマートフォン向けゲーム開発スタジオ「  Proletariat  」を設立した。
昨年10月に突然閉鎖された米大手ソーシャルゲームディベロッパーZyngaのボストンスタジオに所属していたスタッフ達が、新たなスマートフォン向けゲーム開発スタジオ「Proletariat」を設立した。

ProletariatはZyngaが昨年10月に行った大規模レイオフで解雇されたボストンスタジオのスタッフ達が新たに立ち上げたスタートアップ。ボストンスタジオは探検を題材にしたソーシャルゲーム【Adventure World』の開発・運営を手がけていたが、レイオフに伴いタイトル自体も終了し担当していたスタッフ達も全員解雇された。

しかしその後、彼らは同じボストンの街で自分達の会社として新たにProletariatを立ち上げ、現在第一弾となるタイトルとしてスマートフォン向けタイピングゲーム『Letter Rush』を開発している。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら