ジンガのベテランゲームデザイナー、Brian Reynolds氏が退職・・・『FrontierVille』などを担当 | GameBusiness.jp

ジンガのベテランゲームデザイナー、Brian Reynolds氏が退職・・・『FrontierVille』などを担当

その他 その他

ジンガのチーフゲームデザイナーで、『Civilization 2』『Alpha Centauri』『Rise of Nations』などの開発者で、ジンガでは『FrontierVille』『CityVille 2』などの開発に携わったBrian Reynolds氏が同社を退職したことが明らかになりました。

ジンガのSteve Chiang氏はPolygonに対して「ジンガ・ボルチモアにおける彼のリーダーシップや、ソーシャルゲームに革新をもたらした『FrontierVille』の開発に対する貢献に深く感謝したいと思います。私たちは彼の仕事を称賛すると共に、業界をリードするクリエイティブがジンガで活躍したことを嬉しく思います」とのコメントを寄せています。

同社では、すぐに同氏の後継のチーフゲームデザイナーを置く計画は無いとのこと。

Reynolds氏はツイッターで「3年9ヶ月在籍したジンガを正式に辞めました。すぐに戻ってくるつもりだけど、ツイッターのハンドルネームは変えないとね」と述べています。同氏のアカウント名は「@TheGameChief」でした。

ちなみに『FrontierVille』は現在『Pioneer Trail』とタイトル名が変更されています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら