ガンホー、グラスホッパー・マニファクチュアをグループ化 | GameBusiness.jp

ガンホー、グラスホッパー・マニファクチュアをグループ化

その他 その他

『パズル&ドラゴンズ』や『ラグナロクオンライン』で知られるガンホー・オンラインエンターテインメントは2月1日付で、須田剛一氏が率いるデベロッパーのグラスホッパー・マニファクチュアをグループ化すると発表しました。

グラスホッパー・マニファクチュアはゲームクリエイターとして著名な須田剛一氏が1998年に設立。日本の独立系デベロッパーの先駆けとして、『KILLER7』(カプコン)、『NO MORE HEROES』(マーベラスエンターテインメント)、『Shadows of the DAMNED』(エレクトロニック・アーツ)、『ロリポップチェーンソー』(角川ゲームス)など様々なパブリッシャーと協業し、AAAクラスのタイトルを開発してきました。

近年では自社パブリッシングにも参入し、『Sine Mora』(Digital Reality)との協業をダウンロード配信しました。また、ソーシャルゲーム分野にも参入し、ディー・エヌ・エーとの共同出資でグラスホッパー・ユニバースを設立。『フログミニッツ』『ダークメナス』といったタイトルをリリースしています。

両社の出会いなどグループ化に至った経緯は4Gamerに掲載されている、須田剛一氏とガンホーの森下一喜氏のインタビューで詳しく紹介されています。森下氏が社長業でありながら現場を貫いていること、今後の開発を見据えてUnreal Engineの技術者を求めたこと、受発注の関係ではない仲間を求めたこと、などが述べられています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら