DeNAの欧米向けソーシャルゲーム『Blood Brothers』、米国Google Playの売上ランキングで1位を獲得 | GameBusiness.jp

DeNAの欧米向けソーシャルゲーム『Blood Brothers』、米国Google Playの売上ランキングで1位を獲得

その他 その他

株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)  が、DeNA制作の欧米版「Mobage」向けソーシャルゲーム『Blood Brothers』が、Google Playの全Androidアプリ売上ランキングにて2012年11月10日に初めて米国1位を獲得したと発表した。
  • 株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)  が、DeNA制作の欧米版「Mobage」向けソーシャルゲーム『Blood Brothers』が、Google Playの全Androidアプリ売上ランキングにて2012年11月10日に初めて米国1位を獲得したと発表した。
株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)が、DeNA制作の欧米版「Mobage」向けソーシャルゲーム『Blood Brothers』が、Google Playの全Androidアプリ売上ランキングにて2012年11月10日に初めて米国1位を獲得したと発表した。

『Blood Brothers』は、かつて死に魅入られた皇帝によってヴァンパイアに変えられた主人公が、異形の戦士たちを血の契約によって「義兄弟」としながら、復讐の戦いを繰り広げるダークファンタジーRPG。

DeNAが東京本社で開発・運営しており、欧米版「Mobage」を通じ北米、欧州を含む海外のAndroid及びiOS端末向けに英語のみで提供されている。欧米版「Mobage」のタイトルが同ランキングで1位を獲得するのは、株式会社Cygamesが開発・運営する『Rage of Bahamut』(日本語タイトル:神撃のバハムート)に続いて2タイトル目で、DeNAの内製タイトルとしては初めてとなる。

現在、米Google Playの売上トップ10には『Rage of Bahamut』(1位)、『Blood Brothers』(2位)、『Marvel: War of Heroes』(日本語タイトル:マーベル ウォー・オブ・ヒーローズ)(9位)の3つのMobageタイトルがランクインしているという。

また『Blood Brothers』はこれまでカナダ、フランス、スウェーデンなど22ヶ国・地域のGoogle Playにおいても売上ランキング1位を達成しており、DeNAによればユーザーの利用動向に応じてゲーム内イベントを素早く導入する運営方法など、同社が日本で培ったノウハウが欧米のユーザーに幅広く受け入れられた結果、各国でランキング上位を獲得できたとしている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら