玩具メーカーのハスブロ、ジンガのソーシャルゲームを題材にしたリアル玩具各種を開発 | GameBusiness.jp

玩具メーカーのハスブロ、ジンガのソーシャルゲームを題材にしたリアル玩具各種を開発

その他 その他

今年2月、米大手ソーシャルゲームディベロッパー  ジンガ  と大手玩具メーカーのハスブロがZyngaのソーシャルゲームをモチーフにした玩具の発売のため業務提携を行ったが、その玩具の試作品のレビューをTech系メディアの  Mashable  が報じている。(写真もMashableより
  • 今年2月、米大手ソーシャルゲームディベロッパー  ジンガ  と大手玩具メーカーのハスブロがZyngaのソーシャルゲームをモチーフにした玩具の発売のため業務提携を行ったが、その玩具の試作品のレビューをTech系メディアの  Mashable  が報じている。(写真もMashableより
  • 今年2月、米大手ソーシャルゲームディベロッパー  ジンガ  と大手玩具メーカーのハスブロがZyngaのソーシャルゲームをモチーフにした玩具の発売のため業務提携を行ったが、その玩具の試作品のレビューをTech系メディアの  Mashable  が報じている。(写真もMashableより
今年2月、米大手ソーシャルゲームディベロッパージンガと大手玩具メーカーのハスブロがZyngaのソーシャルゲームをモチーフにした玩具の発売のため業務提携を行ったが、その玩具の試作品のレビューをTech系メディアのMashableが報じている。(写真もMashableより抜粋)

ハスブロが製作しているのは、農業ゲーム『FarmVille』のボードゲーム(22.99ドル)、街作りゲーム『CityVille』のモノポリー(24.99ドル)、パズルゲーム『Words With Friends』のボードゲーム(19.99ドル)、お絵描きゲーム『Draw Something』のカードゲーム(19.99ドル)の4種類で、どれも購入特典として元になったソーシャルゲームでも利用できる仮想通貨やアイテムが貰えるシリアルナンバーが付属する。

ハスブロではホリデーシーズンに合わせてこれらを発売予定とのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら