ユービーアイソフトがデジタル販売機能を持ったPC向け「Uplay」クライアントを発表 | GameBusiness.jp

ユービーアイソフトがデジタル販売機能を持ったPC向け「Uplay」クライアントを発表

その他 その他

2009年に発表されユービーアイタイトルと様々な形で連携してきた「Uplay」が、新たにSteamやOriginのようなデジタルゲーム販売とオンラインサービスのPC向けクライアントとしても公開されることが決定しました。
  • 2009年に発表されユービーアイタイトルと様々な形で連携してきた「Uplay」が、新たにSteamやOriginのようなデジタルゲーム販売とオンラインサービスのPC向けクライアントとしても公開されることが決定しました。
2009年に発表されユービーアイタイトルと様々な形で連携してきた「Uplay」が、新たにSteamやOriginのようなデジタルゲーム販売とオンラインサービスのPC向けクライアントとしても公開されることが決定しました。

リリースによれば、Uplayクライアントからはゲームのデジタル購入や起動を行うことが可能で、他にもフレンドリストやチャットシステムを用意、“他では手に入らないコンテンツ”と限定コンテンツの配信も示唆されています。クライアントは既に公開済みで、Uplay公式サイト右上部のリンクからダウンロードが可能です。

ユービーアイソフトのオンラインゲームワールドワイドディレクターStephanie Perotti氏は、UplayはUbisoftのPCタイトルを見つけフレンドやコミュニティと繋がる際には素晴らしい手段になるだろうとコメント。リリースでは、Uplayのユーザー数が既に3,500万人以上も存在していることが明らかにされています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら