ティム・スウィーニーも来日、EpicがCEDECで未来のゲーム開発を語る・・・「Unreal Japan News」第51回 | GameBusiness.jp

ティム・スウィーニーも来日、EpicがCEDECで未来のゲーム開発を語る・・・「Unreal Japan News」第51回

その他 その他

ゲーム業界の夏の風物詩、CEDEC2012が、今年もパシフィコ横浜で8月20日(月)〜22日(水)にかけて開催されます。エピック・ゲームズ・ジャパンでは、2日目にあたる8月21日(火)を「Epic Day!」と(勝手に)銘打って、様々なセッションに参加します。
  • ゲーム業界の夏の風物詩、CEDEC2012が、今年もパシフィコ横浜で8月20日(月)〜22日(水)にかけて開催されます。エピック・ゲームズ・ジャパンでは、2日目にあたる8月21日(火)を「Epic Day!」と(勝手に)銘打って、様々なセッションに参加します。
  • ゲーム業界の夏の風物詩、CEDEC2012が、今年もパシフィコ横浜で8月20日(月)〜22日(水)にかけて開催されます。エピック・ゲームズ・ジャパンでは、2日目にあたる8月21日(火)を「Epic Day!」と(勝手に)銘打って、様々なセッションに参加します。
  • ゲーム業界の夏の風物詩、CEDEC2012が、今年もパシフィコ横浜で8月20日(月)〜22日(水)にかけて開催されます。エピック・ゲームズ・ジャパンでは、2日目にあたる8月21日(火)を「Epic Day!」と(勝手に)銘打って、様々なセッションに参加します。
ゲーム業界の夏の風物詩、CEDEC2012が、今年もパシフィコ横浜で8月20日(月)〜22日(水)にかけて開催されます。エピック・ゲームズ・ジャパンでは、2日目にあたる8月21日(火)を「Epic Day!」と(勝手に)銘打って、様々なセッションに参加します。

Epic Day!劈頭を飾るのは、Epic Games Inc.のファウンダー/CEO/テクニカル・ディレクターであるティム・スウィーニー。CEDEC2012特別招待セッションのひとコマとして、11:20からメインホールで講演を行います。タイトルは「加速する次世代:ティム・スウィーニーが語るゲームの未来」。

世界最先端のゲームエンジン技術者であるティム・スウィーニーがこれからのゲーム・テクノロジーをどう予想しているのか、注目のトピックが語られます。Epic Gamesではゲームとエンジンの開発に際してどんな設計思想で臨んでいるのか、ギアーズ・オブ・ウォーやアンリアル・エンジン3の実例を交えてお話します。また、次世代のゲーム開発はどんなものになってゆくのか、サマリタン・デモやアンリアル・エンジン4の開発を通じてEpic Gamesが得た教訓と、今後の方向性についてのティム自身の予測も語られます。世界トップクラスのエンジニアの生の声を聞く貴重なチャンス! ティム・スウィーニーの特別招待講演をお見逃しなく。

続いて14:50からは、スポンサーセッションとしてエピック・ゲームズ・ジャパン主催のパネルディスカッションを開催します。タイトルは「アンリアル・エンジンを使った開発手法をさらに効果的にするためのパネルディスカッション」。エピック・ゲームズ・ジャパン サポートマネージャーの下田純也がコーディネーターを務め、下記の多彩なメンバーが実際の経験に基づく貴重なノウハウについて語ります。

・株式会社サイバーコネクトツー 制作プロデューサー/ディレクター 下田星児
・株式会社イニス CMTエンジニアリングリード ロバート・太田・ディートリッヒ
・Epic Games Inc. ティム・スウィーニー
・Chair Entertainment Group リード・アニメーター スコット・ストッダード
・エピック・ゲームズ・ジャパン サポート・テクニカル・アーティスト ロブ・グレイ

実際にアンリアル・エンジンを使ってゲームを制作してきた開発者と、エンジン制作者であるティム・スウィーニーが語り合う、世界的にも珍しいユニークなパネルディスカッションです。
基本となる制作パイプラインの他、開発者共通の悩みであるアセット管理、スキルレベルの異なるメンバーの扱い、テストの効率化といった実践的なトピックについて、具体的な経験を元に話し合います。「いつも苦労するこの部分、よそではどうやってるんだろう?」という好奇心を満たしてくれるパネルになること、確実です!

そしてこの日最後のセッション枠である16:30からは、Infinity Blade開発チームChair Entertainmentのリード・アニメーター、スコット・ストッダードがInfinity Bladeの開発秘話をお話します。タイトルは「Infinity Blade  コンソールからモバイルへの飛躍」。

このセッションでは、単なるアニメーターとしてのプロジェクト経験だけでなく、プロジェクト全体を俯瞰的に捉え、Infinity Bladeの制作がChairにとってどんなチャレンジであったのか、具体的な実例を交えてお話します。

Chairが最初に描いたビジョンから始まり、iPhoneという環境でそれを実現するために直面した数々の障害、そしてそれらを乗り越えたソリューション・・・モバイル環境でゲーム制作を行う全ての人々にとって、非常に参考となる有意義なセッションです。

セッションが終了した後も、Epic Day!は続きます。

19:30からは毎年恒例のCEDEC公式レセプション、Developers’ Night。エピック・ゲームズ・ジャパンは今年もプラチナスポンサーとして参加します。ティムやスコットも出席しますので、直接お話いただくチャンス! 近くにいるエピック・ゲームズ・ジャパンのスタッフがサポートしますので、日本語で話しかけて頂いて大丈夫です。スペシャルプレゼントもあるかも!?

E3での一般公開以来、大注目のアンリアル・エンジン4から、アンリアル・エンジン3を使った生産性向上テクニック、iPhoneでの開発事例と、盛りだくさんの内容でお届けするEpic Day!

CEDECにお越しの際には、是非エピック・ゲームズ・ジャパンのセッションに足をお運びください。8月21日(火)はパシフィコ横浜でティムと握手!
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら