シリアスゲームのKTM Advance社が仏ヴァランシエンヌ市に新制作拠点・・・誘致を受け | GameBusiness.jp

シリアスゲームのKTM Advance社が仏ヴァランシエンヌ市に新制作拠点・・・誘致を受け

その他 その他

KTM Advance社はパリに本社をおくフランス最大手のシリアスゲーム開発会社で、ユーロディズニーの社員訓練向けシリアスゲーム「Disney stars, l'agence virtuelle」などを手がけています。ヴァランシエンヌ市はフランス北東部のノール=パ・ド・カレー地域圏に位置する都市で、同地域圏は現在積極的に企業誘致を行っています。末尾の拙稿もあわせてご覧ください。

ヨーロッパにおいて、eラーニングとニーズに合わせた企業研修用シリアスゲームのリーダー企業であるKTM Advance社が、新世代ゲーム部門の拠点をヴァランシエンヌに置くと発表しました。

ヴァランシエンヌが、フランス国内(アルビ、ストラスブール)や国外(モントリオール)の競合都市の中から選ばれたのは、その豊かなビジネス環境と、当地がイギリス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグの市場に隣接しており、KTM Advance社の北ヨーロッパでの事業展開に有利であるためです。

「ヴァランシエンヌに制作拠点を置くことはKTM Advance社の発展にとって重要な一歩です。」と語るのは、KTM Advance社の最高経営責任者イーヴ・ダンバック氏。「 北フランス地方の優れたインフラと我々の活動分野への様々な優遇策を活用することによって、多大な付加価値を持つシリアスゲームの制作という目標を達成することができると考えています。」

現在、KTM Advance社はカスタマイズされたシリアスゲームの制作をパリの本社で行っていますが、ヴァランシエンヌでシリーズ作品を開発して行く予定で、新設されたばかりの編集を業務とする子会社EditUpが2014年にオープン予定のセール・ニューメリック(デジタル温室)”に入居することになっています。このセール・ニューメリックは、総面積15千平方メートルの敷地に多数の企業、スパンフォグループの3校を受け入れ、応用研究センターとヴァーチャルリアリティ・センターも完備する予定です。

今回の大規模な移転により、ヴァランシエンヌ周辺では3年間で、新たに100人の雇用が総出されることになります。

■参考記事
フランス取材で見た社会的活用が進むシリアスゲーム
世界のデジタルクリエイティブ教育をリードする「Supinfocom」とは!?
《IGDA日本》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら