ドリームワークスが映画版「ニード・フォー・スピード」の権利を取得、2014年公開へ | GameBusiness.jp

ドリームワークスが映画版「ニード・フォー・スピード」の権利を取得、2014年公開へ

その他 その他

先日の海外報道でも話題となりましたが、米映画製作会社ドリームワークスが、Electronic Artsの人気レースゲームタイトル「ニード・フォー・スピード」の映画化権利を正式に取得した事を発表しました。

メガホンを取るのは「ネイビーシールズ」を手がけたScott Waugh氏で、『リアル・スティール』にも出演したJohn Gatins、George Gatins兄弟を中心とした、ハイスピードな映画版オリジナルのストーリーが展開するようです。尚、詳細な時期については不明ですが、2014年内の公開が予定されているとのことです。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら