ドリームワークス、「Gear VR」向けにアニメ作品を提供するVRコンテンツ「DreamWorks VR」を発表 | GameBusiness.jp

ドリームワークス、「Gear VR」向けにアニメ作品を提供するVRコンテンツ「DreamWorks VR」を発表

その他 その他

映画会社のドリームワークスが、5月19日に米サンフランシスコにて開催されたVR系カンファレンスイベント「SVVR 2015」(Silicon Valley Virtual Reality)に登壇し、サムスンのVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Gear VR」向けのVRアプリ「DreamWorks VR」を発表した。Oculus Storeより無料でダウンロードできる。

「Dreamworks VR」は「Gear VR」にてドリームワークスのVR作品を体験できるコンテンツプラットフォームで、リリース時には同社のこれまでの作品をメドレー形式で紹介する「20 Years of Dreams And Laughter」と、新作映画「ペンギンズ FROM マダガスカル」及び「Home」の予告編の計3本が公開されている。いずれも同社の作風で作られた仮想空間内のシアターでスクリーンに映し出される映像を視聴するという形式で、映像自体がVR対応というわけではないが、同社では今後も新たなコンテンツを公開する予定。

「SVVR 2015」のセッション動画は以下より(ドリームワークスのスピーチは3:04:18頃から)。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら