市場が初動型になり『Modern Warfare 3』セールスは減少している・・・アナリスト | GameBusiness.jp

市場が初動型になり『Modern Warfare 3』セールスは減少している・・・アナリスト

その他 その他

ローンチ時には650万本を初日に売り上げ、推定4億ドル以上の収益を得たと言われた『Call of Duty: Modern Warfare 3』ですが、複数のアナリストが『CoD: Black Ops』と比べるとトータルのセールスでは落ちるとする見方などを業界誌Gamasutraにて明らかにしました。

正確なセールスデータは示されていないものの、アナリストであるMacquarie Equities氏は、『Modern Warfare 3』の量販売り上げは『Black Ops』と比較し4.2パーセントほど落ちるとコメント。Gamasutraによれば、実際に今年3月の『Modern Warfare 3』の売り上げは、昨年3月の『Black Ops』と比較すると半分以下になっているとする報告を受けているそうです。そしてもう1人のアナリストPiper Jaffray氏は、この数値は『CoD』シリーズだけのものでは無く、ゲーム市場の重大な変化を指し示していると指摘しています。

Jaffray氏によれば、ゲームローンチ時にソフトを直ぐ購入するわけでは無い、カジュアルなプレイヤーがリテール版を購入しなくなっており、ビデオストリーミングなど他種のメディアを利用するようになっている傾向が見られるそうです。

またお馴染みのWebush SecuritiesアナリストMichael Pachter氏も登場し、現在のゲーム市場はより初動セールスに依存するようになっており、リリース後、時間が経ってからゲームを購入するような消費者が少なくなったとコメント。今回の『Modern Warfare 3』セールスの減少は、市場にて長期的な売り上げの維持が見込めなくなったことを示していると主張しています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら