アマゾン、「Amazon Appstore」にてアプリ内課金を導入 | GameBusiness.jp

アマゾン、「Amazon Appstore」にてアプリ内課金を導入

その他 その他

アマゾンは、Kindle FireやAndroidデバイス向けに提供している「Amazon Appstore」にて、アプリ内課金APIの提供を開始しました。これにより「Amazon Appstore」のアプリでも追加機能の提供やアップデート、あるいはゲーム内通貨の販売などの際に追加課金を行うことができます。

アプリ内課金ではアマゾンがウェブでも提供している「1-Click」決済を実現し、ユーザー体験を損なうこと無く課金が可能になっているとのこと。

先日から一部のデベロッパー向けにβプログラムが公開されていて、Storm8、Glu Mobile、G5 Entertainment、New York Timesなどが活用しているとのこと。『Restaurant Story』『Farm Story』などを提供するStorm8のPerry Tam CEOは「アプリ内課金を導入して直ぐに成果は出ました。売上が増加しただけでなく、Amazon Appstoreのトップ5のうち4タイトルを占めることになったのです。今後も我々はアマゾンのプラットフォームに投資していくつもりです」と述べています。

新しいSDKはアマゾンのデベロッパーページからダウンロードでき、広く開発者は利用できます。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら