Android向けソーシャルゲーム・ネットワーク「Papaya network」、5000万ユーザーを獲得 | GameBusiness.jp

Android向けソーシャルゲーム・ネットワーク「Papaya network」、5000万ユーザーを獲得

その他 その他

中国の  PapayaMobile  が、同社が運営するAndroid向けソーシャルゲーム・ネットワーク「Papaya network」が5000万ユーザーを獲得したと発表した。  2500万ユーザー獲得を発表した昨年8月  から約半年でユーザー数を倍にしたことになる。
  • 中国の  PapayaMobile  が、同社が運営するAndroid向けソーシャルゲーム・ネットワーク「Papaya network」が5000万ユーザーを獲得したと発表した。  2500万ユーザー獲得を発表した昨年8月  から約半年でユーザー数を倍にしたことになる。
中国のPapayaMobileが、同社が運営するAndroid向けソーシャルゲーム・ネットワーク「Papaya network」が5000万ユーザーを獲得したと発表した。2500万ユーザー獲得を発表した昨年8月から約半年でユーザー数を倍にしたことになる。

PapayaMobileは中国・北京に拠点を置くスタートアップで、Android向けのゲームアプリに他ユーザーとのコミュニケーション機能やスコア・ランキング機能などのソーシャル機能を付け加えられるソーシャルゲーム・ネットワーク「Papaya network」や3Dグラフィックを使用してソーシャルゲームを制作できる開発ツール「Papaya Game Engine」、自社開発のソーシャルゲームの提供などを行っている。

さらに同社は既存のソーシャルゲームを簡単にAndroid端末向けに移植できるツール「Social Splash」もリリースした。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら