「ソーシャルゲームはゲームではなくサービス」Papaya MobileエヴァンジェリストOscar Clarke氏 | GameBusiness.jp

「ソーシャルゲームはゲームではなくサービス」Papaya MobileエヴァンジェリストOscar Clarke氏

ソーシャルゲームはゲームではなくサービス。中国のモバイルデベロッパーのPapaya Mobileでエヴァンジェリストを務めるOscar Clarke氏はDevelope Conferenceでこのように語りました。

その他 その他
ソーシャルゲームはゲームではなくサービス。中国のモバイルデベロッパーのPapaya Mobileでエヴァンジェリストを務めるOscar Clarke氏はDevelope Conferenceでこのように語りました。

Clarke氏はRovioの『Angry Birds』を例に挙げソーシャルゲーム開発の心構えを語ります。「最初のルールは、我々はサービスを作っているということです。ゲームを作っているのではないのです。継続して続いていく製品にしなくてはなりません」

ビジネスモデルがクリエイティブを損なうのではないかという指摘に対しては「開発者はソーシャルを強化するということがゲームの比重を下げると心配するだろうが、それは問題にはならないと思う」と述べています。

当然いまソーシャルゲームを開発されている方は意識していることだとは思いますが、改めてコメントがありましたので紹介してみました。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら