商用向け「Kinect for Windows」が出荷開始、開発キットも無料公開 | GameBusiness.jp

商用向け「Kinect for Windows」が出荷開始、開発キットも無料公開

その他 その他

本日2月2日から、日本マイクロソフトは商用利用が可能な「Kinect for Windows」センサーの出荷を開始し、それに合わせてWindows用のソフトウェア開発キット(Kinect for Windows SDK)も無料公開されています。
  • 本日2月2日から、日本マイクロソフトは商用利用が可能な「Kinect for Windows」センサーの出荷を開始し、それに合わせてWindows用のソフトウェア開発キット(Kinect for Windows SDK)も無料公開されています。
本日2月2日から、日本マイクロソフトは商用利用が可能な「Kinect for Windows」センサーの出荷を開始し、それに合わせてWindows用のソフトウェア開発キット(Kinect for Windows SDK)も無料公開されています。

Kinectは元々Xbox 360向けに発売された、全身を感知するモーションセンサーを搭載したゲーム用の周辺機器で、PC版となる本機ではエンターテイメント、製造業、医療やヘルスケア、教育、教材関連、広告、小売、および研究機関などの多くの分野での活用が検討されており、国内ではシネックスインフォテック株式会社、ソフトバンクBB株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社、株式会社ハピネットの4社から順次販売が開始される予定となっています。

また、日本マイクロソフトの直営オンラインストアであるMicrosoft Store Japanでもアプリケーション開発者向けに24,800円で販売される事が決定しています。

尚、本機の詳細なスペックは以下の通りとなっています。

■製品名
Kinect for Windows センサー

■希望小売価格
オープン価格

■サイズ & 重さ(縦×横×高さ): 65 × 280× 70 mm
重量600 g

■保証期間
1年

■同梱物
・Kinect for Windows センサー本体(ケーブル1.5m)
・USB/ 電源ケーブル(長さ 2.8 m)
・取扱説明書、保証書(パッケージに添付)

■対応OS
Microsoft Windows 7 またはMicrosoft Windows Embedded Standard 7

■PC必要システム 
・CPU:2.66 GHz 以上のデュアルコア、32 ビットまたは64ビットプロセッサ
・接続ポート:USB ポート (USB 2.0)※
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら