ユービーアイソフト、バンクーバー開発スタジオの閉鎖を明らかに | GameBusiness.jp

ユービーアイソフト、バンクーバー開発スタジオの閉鎖を明らかに

その他 その他

ユービーアイソフトは本日、海外サイトの取材に対し、バンクーバーの開発スタジオを閉鎖させたことを認めたそうです。
  • ユービーアイソフトは本日、海外サイトの取材に対し、バンクーバーの開発スタジオを閉鎖させたことを認めたそうです。
ユービーアイソフトは本日、海外サイトの取材に対し、バンクーバーの開発スタジオを閉鎖させたことを認めたそうです。

元Action Pantsとして知られ2006年にユービーアイソフトが買収したバンクーバースタジオは、Wiiの『Academy of Champions: Soccer』やKinectやPS Move用の『Motionsports Adrenaline』を手掛けた他、最近ではPC/PS3/Xbox 360向けのスポーツゲーム『Pure Futbol』を開発していました。

ユービーアイソフトの広報担当者によると、バンクーバースタジオの閉鎖は苦渋の決断によるもので、残念なことにチームが成功を果たせるような正しい方法を見つけられなかったと説明。同スタジオ社員の今後については、Ubisoftの別のスタジオ内で働ける機会を用意するなどサポートしていくということです。

尚、カナダにはバンクーバーの他にも、モントリオールやトロント、ケベックなど多数のユービーアイソフトスタジオが存在します。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら