デジタル配信プラットフォームSteamの更なる統計情報が公開 | GameBusiness.jp

デジタル配信プラットフォームSteamの更なる統計情報が公開

その他 その他

配信タイトルの豊富さや定期的なセールなどで多くのPCゲーマーを取り込んでいるデジタル配信プラットフォームのSteam。先日には同時利用者数が500万人に到達した事をお伝えしましたが、Valveは新たに同サービスの記録的な統計情報を公開しました。
■ 1,800本以上のゲームが利用可能。

■ 4,000万以上のアカウントが登録。

■ 売上前年比は7年連続で100%増加。

■ Steamは780ペタバイトのデータを取り扱った。

■ 2011年の間に1,450万本以上のSteamworks対応タイトルが登録された(2010年から67%増加)。

■ 400以上のSteamworks対応タイトルが配信されている。

■ 1,900万個以上のインゲームアイテムがトレードされた。

■ 18のFree to Play(F2P)タイトルが配信された。2012年は更に多くのF2Pタイトルを配信予定。
配信タイトルの増加と共に成長を続けるSteamですが、現在は今後の更なるサービス向上のため大型ディスプレイ向けのBig Picture UIの準備などが行われているとの事です。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら