セガの競馬メダルゲーム『StarHorse3』は音声合成技術「AITalk」を採用 | GameBusiness.jp

セガの競馬メダルゲーム『StarHorse3』は音声合成技術「AITalk」を採用

その他 その他

エーアイは、音声合成エンジン「AITalk(R)」を採用したセガの競馬メダルゲーム『StarHorse3』が全国のアーケードゲームセンターで順次稼働したことを発表しました。
  • エーアイは、音声合成エンジン「AITalk(R)」を採用したセガの競馬メダルゲーム『StarHorse3』が全国のアーケードゲームセンターで順次稼働したことを発表しました。
エーアイは、音声合成エンジン「AITalk(R)」を採用したセガの競馬メダルゲーム『StarHorse3』が全国のアーケードゲームセンターで順次稼働したことを発表しました。

『StarHorse3』は、レースを予想して馬券にベットするベットゲームや、自分だけの競走馬や騎手の育成がおこなえるオーナーゲームで遊ぶことができるメダルゲーム『StarHorse』シリーズ第3弾です。

「AITalk」では、より人間らしく自然な音声で自由に音声合成するため、コーパスベース音声合成方式を採用。20分〜5時間程度の録音でオリジナルの音声辞書作成や、豊富な話者のラインナップをとりそろえているというものです。

ゲーム中では、競馬のスタートからゴールまでに使用される実況アナウンサーの音声を、ハイテンション・ノーマルテンションの2段階で収録。またプレイヤーが育成した騎手や競走馬の名前を実況する際にも使用されており、音声合成用データベース化することでレースの臨場感を再現しています。
《近藤智子》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら