任天堂、3DSで追加コンテンツ販売へ… 来春の『ファイアーエムブレム』から | GameBusiness.jp

任天堂、3DSで追加コンテンツ販売へ… 来春の『ファイアーエムブレム』から

その他 その他

日本経済新聞によれば、任天堂はニンテンドー3DSにおいて、追加コンテンツの販売を開始するそうです。第一弾は『ファイアーエムブレム』で、来年発売予定のWii Uでも同様の仕組みを導入するとのこと。

任天堂は先日実施した「ニンテンドーeショップ」のアップデートで、追加コンテンツの配信や課金をサポート。クレジットカードやプリペイドカードにて決済が可能となっています。

岩田聡社長は追加コンテンツについて第1四半期の業績発表会の席で次のように述べています。

“例えば「何かのゲームを全部遊び終わったが、もっと遊びたいので、追加ステージがあったらいいな」ということがあった時に、私たちが追加ステージの制作にしかるべき労力を注ぎ込んで、それを後から配信することでそのゲームの寿命が延びたり、話題が増えたり、売上が伸びたりするとしましょう。そうしたら、「そういうものをお客様と折り合いのつく価格で追加コンテンツとして買っていただいても良いのではないか」という話をしています”

一方で、ゲームの進行を優位にするようなアイテムの販売については次のようにコメントしています。

私たちの価値観では、「数字のパラメーターだけを触って、何かの鍵を開けるとか、何かがものすごく有利になるとかという形で課金する」ということは、クリエイティブの労力に対する対価ではない全然別の構造なので、それを追求すると確かに短期的に収益は上がるのかもしれないのですが、お客様と私たちの間での長期的な関係はつくれないのではないかというふうに思っていまして、こういう形での課金は、私たちのコンテンツに対してはすべきではないと、いうことも同時に話しています”
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら