Butterfly、スマホユーザーの「チェックイン」行動を自動認証する専用機器「チェックイン・プラスボックス」を開発 | GameBusiness.jp

Butterfly、スマホユーザーの「チェックイン」行動を自動認証する専用機器「チェックイン・プラスボックス」を開発

その他 その他

株式会社バタフライが、同社が昨年度から取り組んでいた新技術研究開発活動の成果として、FacebookやmixiなどのSNSにリアルでの「チェックイン」動向を自動的に認証・投稿するための統合システム(専用アプリ及び専用機器)「チェックイン・プラスボックス」を開発した。



「チェックイン・プラスボックス」とは、スマートフォンユーザーがアプリを起動した状態で該当店舗に入店するだけで自動的に「チェックイン」認証を行う専用機器。

同社ではこれと連動するスマートフォンアプリ「チェックイン・プラスアプリ」も併せて開発し、「チェックイン」の総合システムの開発に成功した。同システムを使用すれば、アプリを立ち上げたまま店舗内に入ることで自動的に「チェックイン」し認証を行うことができ、またGPSを使用していないので店舗密集地においてもユーザーの位置を正確に店舗レベルで客観的に認証することができる。

またテナントビルの1階店舗と2階店舗といった階層的な場所でも店舗レベルで客観的に認証できるほか、地下や屋内などアンテナが届かない、GPS測位ができないポイントにおいても認証を行うことができる。

現在同社では事業化に向けて準備を進めているとのことだが、具体的な計画はまだ未定。今後の課題として、施設や店舗等「場所」への正確な来店情報を必要とするパートナーを募り、業界初の新しいサービスやプラットフォームの開発に努めていくとしている。また同時に当該技術について特許も出願中とのこと。
「チェックイン・プラスボックス」の仕様は以下のとおり。

・正式名称:チェックイン・プラスボックス(CHECK-IN PLUS BOX)
・仕様:プラスティック仕様による特殊信号発生装置
・サイズ:縦150ミリ×横104ミリ×奥行き28ミリ
・重量:30グラム
・電源:3V〜5.5V USB充電アダプタ
消費電流3V時最大4mA

詳細はこちら
http://www.butterfly-corp.jp/wakulabo/index.html?



《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら