バンダイナムコ、劇場用3Dアニメ「ドットハック」を2012年1月に公開 | GameBusiness.jp

バンダイナムコ、劇場用3Dアニメ「ドットハック」を2012年1月に公開

その他 その他

バンダイナムコゲームスは、アクションRPG『.hack』シリーズを原作とした、フル3DCG長編アニメーション「ドットハック」を2012年1月より全国劇場で公開すると発表しました。
  • バンダイナムコゲームスは、アクションRPG『.hack』シリーズを原作とした、フル3DCG長編アニメーション「ドットハック」を2012年1月より全国劇場で公開すると発表しました。
  • バンダイナムコゲームスは、アクションRPG『.hack』シリーズを原作とした、フル3DCG長編アニメーション「ドットハック」を2012年1月より全国劇場で公開すると発表しました。
バンダイナムコゲームスは、アクションRPG『.hack』シリーズを原作とした、フル3DCG長編アニメーション「ドットハック」を2012年1月より全国劇場で公開すると発表しました。

先日『.hack』シリーズのカウントダウンサイトが公開されていましたが、この正体が3Dアニメであったことが明らかとなりました。

劇場用「ドットハック」は、『.hack』シリーズ特有の現実と虚構、2つの世界で交差する奇妙な人間関係を描いた“アクション&ラブロマンスムービー”とのこと。

メインキャストの声優は、人気俳優の桜庭ななみさん、松坂桃李さん、田中圭さんが務めます。脚本は「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「機動警察パトレイバー」をはじめ、数々の劇場作品を生み出す伊藤和典氏が担当。監督は『.hack』シリーズや『NARUTO-ナルト- ナルティメット』シリーズの総合ディレクターを担当した松山洋氏。そしてキャラクター原案は貞本義行氏となっています。

ごく普通の女子中学生“有城そら”は、友人たちに誘われ、オンラインゲーム「THE WORLD」(ザ・ワールド)に参加。仮想世界での冒険に夢中になる彼女ですが、やがて不穏な気配が彼女の周辺に迫り始め、「THE WORLD」で発生した異変が、加速度的に現実をも侵食していきます。現実とゲーム空間、二つの世界を救うため、そらは異変に立ち向かうことを決意しますが・・・。

本作は、「どこか懐かしい」現実世界と「豪華壮大な」仮想世界が交差し、二重性のあるドラマが展開されるスペクタクル・アクセス(接続)・ストーリーとなっています。

主人公“有城そら”役を務める桜庭ななみさんからは、「迫力のある世界観で、シリーズ化されている作品ですが、初めて見る方にも楽しんでいただけると思います」とのコメントが寄せられています。

一方彼女をサポートする同級生“田中翔”を演じる松坂桃李さんからは、「冷静沈着で、クール。あまり感情を表に出さずボソボソと喋る、“こういうヤツクラスに1人はいるな”という役を演じました。

自分はそんなにクールではないので、監督から“もうちょっとここ押さえて”などと指示が入ったり、ボソボソ喋るのが新鮮でした。」、そしてそらの幼馴染み“岡野智彦>”を演じた田中圭さんからは「台本を読んだときの印象と映像を見たときの印象が、頭の中でイメージしていたものよりもすごかった。CGアニメーションだからこそできる力を感じました。この映画を通して、CGアニメーションの良さをもっと知って欲しいです」とのコメントが寄せられています。

「ドットハック」は、2012年1月より全国劇場公開予定です。

(C).hack Conglomerate
《富岡昌》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら