PSVita、複数の日系メーカーを含む21社のミドルウェアに対応 | GameBusiness.jp

PSVita、複数の日系メーカーを含む21社のミドルウェアに対応

Develop によれば、PSVitaは少なくとも21社のミドルウェアメーカーのミドルウェアに対応するとのこと。

その他 その他
Developによれば、PSVitaは少なくとも21社のミドルウェアメーカーのミドルウェアに対応するとのこと。

・AiLive
・Allegorithmic (プロシージャルテクスチャ)
・Audiokinetic
・Autodesk (Scaleform)
・BlitzTech
・CRI
・Epic Games
・Firelight Technologies (FMOD)
・GameSpy Technology
・Havok
・NaturalMotion
・Nvidia
・Premium Agency
・RAD Game Tools
・RakNet (マルチプレイヤーネットワークエンジン)
・SpeedTree
・Terminal Reality
・Trinigy
・Umbra
・Vicious Cycle
・Web Technology

これはDevelop ConferenceにてSCEEでR&Dに従事するKish Hirani氏が明らかにしたもの。GameBusiness.jpの読者の方は耳にしたことのある会社が多いかもしれません。

同氏によればPSVitaはPSP-3000と比べて解像度は大幅に向上し、画面コントラストは600倍になりました。また、4ARM Cortex A9プロセッサーを搭載しているとのこと。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら