Epic Gamesのウェブサイトがハック、メールアドレスなど流出の可能性 | GameBusiness.jp

Epic Gamesのウェブサイトがハック、メールアドレスなど流出の可能性

その他 その他

『Gears of War』シリーズなどで知られる大手デベロッパーのEpic Gamesは、同社のウェブサイトや公式フォーラムがハッキングされ、登録ユーザーの電子メールアドレスやパスワードが流出した可能性がある事を発表しました。

パスワードは暗号化されてはいるものの、ブルートフォースアタック(あらゆるパターンを試す暗号解読法)によって解読される危険性もあるため、Epicは登録ユーザー全てのパスワードを一旦リセットしたとの事。なおクレジットカード情報やその他金銭に関わる情報は格納されていなかったそうです。

ソニー、アイドス、任天堂、Codemasters、そして今回のEpicと、徐々に無差別になりつつあるハッキング攻撃。果たして犯人の目的は一体なんなのでしょうか(それぞれの攻撃の関連性も不明ですが)。更なる被害を防ぐためにも各パブリッシャー/デベロッパーの皆様には今一度セキュリティのチェック・強化をお願いしたいですね。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら