JPモルガン証券、3DSの発売は成功と評価 | GameBusiness.jp

JPモルガン証券、3DSの発売は成功と評価

JPモルガン証券は12日付のレポートで、ニンテンドー3DSの発売について、消費需要が高まる時期ではなく日本の震災もあり厳しい事業環境の中で大きな成功を収めているとしました。

その他 その他
JPモルガン証券は12日付のレポートで、ニンテンドー3DSの発売について、消費需要が高まる時期ではなく日本の震災もあり厳しい事業環境の中で大きな成功を収めているとしました。
  • JPモルガン証券は12日付のレポートで、ニンテンドー3DSの発売について、消費需要が高まる時期ではなく日本の震災もあり厳しい事業環境の中で大きな成功を収めているとしました。
  • JPモルガン証券は12日付のレポートで、ニンテンドー3DSの発売について、消費需要が高まる時期ではなく日本の震災もあり厳しい事業環境の中で大きな成功を収めているとしました。
JPモルガン証券は12日付のレポートで、ニンテンドー3DSの発売について、消費需要が高まる時期ではなく日本の震災もあり厳しい事業環境の中で大きな成功を収めているとしました。

DSと比較しても早い段階での海外発売でしたが、順調に進んだ評価しています。

また、専用ソフトは投入の遅れもあり軟調な滑り出しながら、発売当初の販売状況から読み取れる兆候はプラスで、今年度半ば移行、3DSの訴求力を取り戻す事は可能としています。

ニンテンドーDSについては、タイトルは減少するものの、収益性は依然として高く、主に海外のパブリッシャーから今後も有力タイトルが発売されると予測。

Wiiについては、今後の未発表の大型タイトル発表の可能性は低く、新たな据え置き型ゲーム機に照準を合わせた開発が進められているのではないかとしました。

JPモルガン証券では2010年度の業績予想について、3DSのハード販売を400万台→350万台、ソフトを1500万本→1000万本に下方修正、DSのハード販売台数を1630万台→1840万台に上方修正。Wiiのソフト販売本数を1億2480万本→1億6890万本に上方修正した上で、売上高1兆1073億円、営業利益1981億円、経常利益1292億円、純利益802億円と予測しています。

任天堂の通期業績は4月25日に発表される予定です。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら