歴代ゲーム販売金額ランキング、第1位は『ギターヒーロー』 | GameBusiness.jp

歴代ゲーム販売金額ランキング、第1位は『ギターヒーロー』

その他 その他

CNBCは、米国の調査会社NPD Groupのデータに基づく、1995年以降のゲーム販売金額ランキングを公表しました。
  • CNBCは、米国の調査会社NPD Groupのデータに基づく、1995年以降のゲーム販売金額ランキングを公表しました。
CNBCは、米国の調査会社NPD Groupのデータに基づく、1995年以降のゲーム販売金額ランキングを公表しました。

それによればトップ10のうちアクティビジョン・ブリザードが5タイトル、任天堂が4タイトル、バイアコム(MTV Games)/EAが1タイトルを占めるという結果でした。トップの『ギターヒーロー』やトップ10に3タイトルが入った『Call of Duty』など近年のアクティビジョンの強さを印象づけるランキングとなっています。

1.ギターヒーローIII レジェンド・オブ・ロック (アクティビジョン)
2.コール・オブ・デューティ ブラック・オプス (アクティビジョン)
3.Wii Fit (任天堂)
4.コール・オブ・デューティ モダン・ウォーフェア2 (アクティビジョン)
5.ロックバンド (バイアコム)
6.はじめてのWii (任天堂)
7.ギターヒーロー ワールドツアー (アクティビジョン)
8.Wii Fit Plus (任天堂)
9.マリオカートWii (任天堂)
10.コール・オブ・デューティ4 モダン・ウォーフェア (アクティビジョン)

トップになった『ギターヒーローIII』はダウンロードコンテンツを含めず8億3000万ドルを単体で稼ぎ、音楽ゲームを代表する作品となりました。また、「ワールドツアー」も7位に入ります。さらに『ロックバンド』も5位になり、このジャンルの人気を示しています。

ただしこのランキング、販売金額をランク付したもので、専用コントローラーを同梱した音楽ゲームや『Wii Fit』が高く出てしまっているようです。とは言え、ゲーマーにたくさんの金額を使わせたゲーム、という意味では価値を認められたゲームのリストと言えそうです。

しかしそう考えると周辺機器とは関係ない単純なフルプライスの『コール・オブ・デューティ』が3タイトルもランクインするというのは、いかにこのシリーズが支持されているのかを印象づけます。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら