アジアのゲーム市場はインターネットカフェが依然重要 | GameBusiness.jp

アジアのゲーム市場はインターネットカフェが依然重要

その他 その他

米国の調査会社Pearl Researchは、アジアのゲーム市場の大半ではインターネットカフェが大きな意味を持っていると最新のレポートで伝えています。
  • 米国の調査会社Pearl Researchは、アジアのゲーム市場の大半ではインターネットカフェが大きな意味を持っていると最新のレポートで伝えています。
米国の調査会社Pearl Researchは、アジアのゲーム市場の大半ではインターネットカフェが大きな意味を持っていると最新のレポートで伝えています。

同社ではインターネットカフェを利用することで低コストでゲーム(主にオンラインゲーム)を楽しむことができるため、所得の限られるアジア地域では、全体で約35万件あると考えられるインターネットカフェが重要な位置を占めると言います。また、韓国でも自宅のPC所有率は82%もあるにも関わらず、依然として利用が盛んだそうです。こちらはコミュニティという意味合いも持っているようです。

お店は中国では200席もあるような巨大なものが主流で、インドやベトナムといった国では20席程度の小規模なものが多いそうです。中国ではTencentのソーシャルゲームや『クロスファイア』のような本格的なFPSが遊ばれ、ベトナムでは現地のVNG社の『The Swordsmen』のような地元産のゲームや海外のゲームポータルがよく利用されるそうです。

アジアのインターネットカフェの市場規模は2011年には190億ドルにもなると同社では推計しています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら