【東日本大地震】イメージエポック、DL版『最後の約束の物語』の売上1本あたり500円寄付 | GameBusiness.jp

【東日本大地震】イメージエポック、DL版『最後の約束の物語』の売上1本あたり500円寄付

その他 その他

イメージエポックは、3月11日に発生した「東日本大震災」被災者の救済および被災地の復興について、ダウンロード版『最後の約束の物語』から500円寄付すると発表しました。
  • イメージエポックは、3月11日に発生した「東日本大震災」被災者の救済および被災地の復興について、ダウンロード版『最後の約束の物語』から500円寄付すると発表しました。
イメージエポックは、3月11日に発生した「東日本大震災」被災者の救済および被災地の復興について、ダウンロード版『最後の約束の物語』から500円寄付すると発表しました。

4月28日発売予定のプレイステーション・ポータブルソフト『最後の約束の物語』のダウンロード版1本あたり500円を義援金として寄付します。
(UMD版は対象外)

イメージエポックは、「上記支援をさせていただくとともに、継続して社業に尽力することが当社の責務であるとの信念のもと、今後も事業活動に邁進してまいります」とコメントしています。

『最後の約束の物語』は4月28日発売予定。価格はパッケージ版が6279円(税込)、ダウンロード版が5600円(税込)です。

(C)Imageepoch
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら