ハドソン、米国法人Hudson Entertainment,Inc.の解散を正式発表 | GameBusiness.jp

ハドソン、米国法人Hudson Entertainment,Inc.の解散を正式発表

その他 その他

既にお伝えしていますが、ハドソンはコナミの連結子会社になるのに伴い、事業再編と経営効率化を一層推進するため、米国カリフォルニア州サンマテオに置く現地法人Hudson Entertainment,Inc.を解散すると正式に発表しました。解散は3月末。

Hudson Entertainmentは2003年11月の設立。米国において家庭用ゲーム機向けソフトやモバイル向けのコンテンツ提供を行ってきました。代表の加藤賢氏は本社の執行役員も兼ねます。

同社の業績は2010年3月期で売上高2354万7000ドル、経常利益243万3000ドル、純利益142万3000ドルと堅調でしたが、今後の米国でのオペレーションはコナミが行うことになるでしょう。

ハドソンの米国法人の閉鎖を巡ってはProduct & Brand ManagerのMorgan Haro氏がブログで内幕を語っていました
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら