ポットタップ道村氏によるスマートフォンにおけるソーシャルゲーム【本日のスライド】 | GameBusiness.jp

ポットタップ道村氏によるスマートフォンにおけるソーシャルゲーム【本日のスライド】

その他 その他

不定期になってきている「本日のスライド」。今回紹介するのは以前インタビューでも登場していただいている、ポットタップの道村弥生代表によるもので、スマートフォンにおけるソーシャルゲームについて議論しています。

ポットタップは、サイバーエージェントグループでスマートフォン向けのソーシャルゲームを開発するために昨年10月に設立された企業です。近々初のアプリとして『Twinkle Bar』をiPhoneでリリース。その後、グリーでサムザップが展開している『コーデマニア』のiPhone版もリリースする予定です。

スライドではアプリでのソーシャルゲームについて現状を紹介。国産のFEYNMANがリリースし人気を集めている『ゆるふわ育成ゲーム MEGU』にも触れています。後半ではスマートフォンならではの求められる作りや、実際に開発にするに当たっての手順についても書かれています。

まだまだアプリにおけるソーシャルゲームは各社手探りですが、そこを専門として誕生したポットタップの取り組みは参考になりそうです。

《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら