Androidでもアプリ内課金ができるように | GameBusiness.jp

Androidでもアプリ内課金ができるように

グーグルは昨日、マウンテンビューの本社で開催したプレスイベントで、Androidの最新アップデートについて明らかにしました。その中で、待望のアプリ内課金(In App PurchaseもしくはグーグルはIn App Billingと呼ぶ)に対応することが公表されました。

その他 その他
グーグルは昨日、マウンテンビューの本社で開催したプレスイベントで、Androidの最新アップデートについて明らかにしました。その中で、待望のアプリ内課金(In App PurchaseもしくはグーグルはIn App Billingと呼ぶ)に対応することが公表されました。

アプリ内課金が可能になることで、アプリ開発者はAndroid Marketでの購入だけでなく、追加コンテンツや利用権など多彩な収益源を得られるようになります。

昨日から実装するための開発者向けドキュメントやサンプルが公開されていて、今後数週間以内にAndroid Marketがアップデートされてテストが可能な状態になるとのこと。いまのクウォーターのうち(3月末まで)には一般のユーザーがアプリ内課金のアプリを利用できるようになるそうです。

TechCrunchによればイベントではディズニーが『Tap Tap Revenge』などでアプリ内課金のデモを行ったそうです。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら