ジンガ、リワードプログラム「RewardVille」を近日開始 | GameBusiness.jp

ジンガ、リワードプログラム「RewardVille」を近日開始

その他 その他

ソーシャルゲーム世界最大手のジンガは、独自のリワードプログラム「RewardVille」を近日スタートするとのこと。  プレサイト  がオープンしています。
  • ソーシャルゲーム世界最大手のジンガは、独自のリワードプログラム「RewardVille」を近日スタートするとのこと。  プレサイト  がオープンしています。
ソーシャルゲーム世界最大手のジンガは、独自のリワードプログラム「RewardVille」を近日スタートするとのこと。プレサイトがオープンしています。



リワードは広告収益の一部がそのアクションを行ったユーザーに還元されるモデルで、ソーシャルゲームのリワードでは主に会員登録や資料請求といったアクションをすることで、そのゲーム内で利用できる通貨が獲得できるというものになっています。

サードパーティでリワードプログラムを提供している会社も多数ありますが、ジンガのゲームタイトルは合計で2億人以上のユーザーがプレイしていて、かなりの影響力を持つものになりそうです。内容的には一般的なものとさほど変わらなさそうです。ただし、ジンガのアカウントが必要です(facebookアカウントと紐付ける場合はこちらから取得可能)。

日本ではアドウェイズ、CAリワード、ドリコム、インタースペースといった会社がソーシャルゲーム向けのリワード広告を提供しています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら