中国の第九城市(The9)、総額1億ドルのモバイルアプリ向けファンド設立 | GameBusiness.jp

中国の第九城市(The9)、総額1億ドルのモバイルアプリ向けファンド設立

中国のパブリッシャーで『World of Warcraft』の中国市場でのサービスを実施していることで知られる第九城市(The9)は、総額1億ドルになるモバイルアプリデベロッパー向けのファンドを設立しました。

その他 その他
中国のパブリッシャーで『World of Warcraft』の中国市場でのサービスを実施していることで知られる第九城市(The9)は、総額1億ドルになるモバイルアプリデベロッパー向けのファンドを設立しました。

ファンドはChengwei Ventures、ChinaRock Capital Management、China Renaissance K2 Venturesの3社と共同で設立されるもので、中国を含む世界中の企業が対象。オンラインから受付を行っており、4社のエキスパートからなる審査チームが投資案件の精査を行っていくとのこと。

「モバイルアプリやプラットフォームはスマートフォンユーザーが世界的に拡大する中でその重要を更に増しています。中国そして世界には多くの才能が眠っており、我々はこれをサポートしていきたいと考えています」とThe9の会長兼CEOであるJun Zhu氏は述べています。

また、同社はOpenFeintに出資をしていて、この発表と同時に、中国におけるOpenFeintの5年間のライセンスを受けたと公表しています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら