EA、アクティビジョンの訴訟に対し公式声明を発表 | GameBusiness.jp

EA、アクティビジョンの訴訟に対し公式声明を発表

その他 その他

『Modern Warfare』のクリエイターをめぐって、アクティビジョンがライバルメーカー、エレクトロニック・アーツに対し4億ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたニュースを昨日お伝えしましたが、それに対してEAが公式に声明を発表しています。

以下、EAの広報担当者Jeff Brown氏がLA Timesに送ったEメールの内容。

“これは狭量かつ入念なミスディレクションに満ちたPR作戦です。アクティビジョンは、解雇されて自分の仕事に対価を求める二人のアーティストの訴えに対し、信頼に値する回答ができない事実を隠そうと望んでいるのです”

Infinity Wardの元幹部で現Respawn EntertainmentのJason West氏とVince Zampella氏は、Modern Warfare 2のロイヤリティーが支払われず不当に解雇されたとして今年3月にアクティビジョンを提訴しています。

一方アクティビジョンは、2009年の夏にEAのCEO John Ricccitiello氏とCFO John Schappert氏が二人を引き抜くために接触していたと主張。

果たしてどちらの訴えが真実なのか、今後両社は法定で争うことになりそうです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら