コーエーテクモとDeNA、来年1月にも「モバゲー」で『100万人のモンスターファーム』を配信 | GameBusiness.jp

コーエーテクモとDeNA、来年1月にも「モバゲー」で『100万人のモンスターファーム』を配信

その他 その他

コーエーテクモHD<3635>傘下のコーエーテクモゲームスとディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、12月15日、「モバゲータウン」で、「モンスターファーム」の最新作となるソーシャルゲーム『100万人のモンスターファーム』の配信することを決定した、と発表しました。

『100万人のモンスターファーム』は、「モバゲータウン」の友人からモンスターを誕生させたり、ユーザー同士で育てたモンスターを対戦させたりすることができるもので、ゲームを通して100万人規模のユーザーが交流することができるゲームになるそうです。「モンスターファーム」は、もともとCDからモンスターを誕生させるというものでしたが、ソーシャルゲームならではの要素が盛り込まれています。

なお、両社では、『100万人のモンスターファーム』の2011年1月予定のサービス開始に向けて、本日より事前登録を開始する、とのこと。事前登録した全てのユーザーには特典として、ゲーム内で利用できる特別アイテムがサービス開始時にプレゼントされる、としています。また、事前登録したユーザーは抽選でβテストに参加できるようにする予定。
《木村英彦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら