ゲームデータ改ざんで、サムザップの元従業員に有罪 | GameBusiness.jp

ゲームデータ改ざんで、サムザップの元従業員に有罪

その他 その他

サイバーエージェントグループでモバイル向けソーシャルゲームを開発するサムザップの元従業員が、サーバーに侵入し利用者のデータを改ざんしたなどとして、不正アクセス禁止法違反に問われた岩根健太郎被告(31歳)に有罪判決が言い渡されたとのこと。読売新聞が伝えました。

岩根被告はサムザップが運営する人気ゲーム『コーデマニア』のサーバーに13回に渡って不正に接続し、退職前に組み込んでいたプログラムを使ってゲーム利用者全員のデータを削除、改ざんするなどしたとのこと。

懲役2年6ヶ月、執行猶予4年が言い渡されています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら