「3DSは2012年まで品薄が続く」・・・アナリストが予測 | GameBusiness.jp

「3DSは2012年まで品薄が続く」・・・アナリストが予測

その他 その他

アナリストのMichael Pachter氏はニンテンドー3DSが2011年から2012年にかけて大ヒットするだろうと予測します。
  • アナリストのMichael Pachter氏はニンテンドー3DSが2011年から2012年にかけて大ヒットするだろうと予測します。
アナリストのMichael Pachter氏はニンテンドー3DSが2011年から2012年にかけて大ヒットするだろうと予測します。

「3DSは大きな成功を収めるでしょう。15年前にゲームボーイを手にした大人を含めて、これまで携帯ゲーム機を持った全ての人に訴求すると思います」

「3DSは少なくとも最初の年は品薄が続くと思いますし、2011年のホリデーシーズンから2012年まで長く続いていく期待もあります」

また、Pachter氏は、任天堂はゲームソフト販売の加速など「様々な恩恵を受ける」だろうとする一方で、据え置き型機の展開には大きなインパクトはないだろうとしています。

ニンテンドー3DSは2011年2月26日に日本国内で発売されるほか、3月には北米・欧州などでも発売される予定。価格は2万5000円。現在のところ情報は非常に限られていますが、年始の任天堂のイベントで詳細が明らかになる見込み。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら