ユービーアイ、『Driver』を開発するReflectionで小規模なレイオフ | GameBusiness.jp

ユービーアイ、『Driver』を開発するReflectionで小規模なレイオフ

その他 その他

ユービーアイソフトは、傘下のスタジオ、Reflectionsにおいて一部のスタッフの契約を更新しなかったことを認めました。

対象となったのは人気のレースゲーム『Driver』を開発しているReflectionsで、広報担当者は「Driverのような大規模プロジェクトでは、多くの契約開発者が参加しており、そのうちの7名と契約を更新しませんでした」とコメント。

ただし、匿名のソースはDevelopに対して、開発の遅れている『Driver: San Francisco』の状況とも関係があるのではないかという言葉を伝えています。

広報担当者は「Driverは決定的に重要なフランチャイズで、今後についても変更はない」と釈明しています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら