アエリア、子会社AMEの株式および債権を譲渡・・・ゲーム・エンタメへの資源集中 | GameBusiness.jp

アエリア、子会社AMEの株式および債権を譲渡・・・ゲーム・エンタメへの資源集中

その他 その他

アエリア<3758>は、11月15日、12月1日付けで、完全会社AMEの株式および債権を譲渡する、と発表しました。アエリアでは、保有する1000株のうち、800株を譲渡するとしています。売却先は、個人とのことで、個人名や所在地、譲渡金額などは公表されていません。

AME は、国内旅行検索サイト「旅侍」、田舎暮らし物件・不動産検索サイト「酒酒落落」、“農業×WEB”をテーマにした田んぼのオーナー制サービス「農力村」などの事業を展開しています。

アエリアでは、かねてより、オンラインゲームを中心とするエンターテイメント事業にリソースを集約することとしており、選択と集中を図るため、今回のAMEの株式と債権を売却するという結論に至った、としています。

なお、今回の株式および債権の譲渡により、AMEはアエリアの連結から外れ、持分法適用関連会社となる見込み。業績への影響は軽微とのこと。
《木村英彦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら