セガとバンダイナムコ、アミューズメントのICカードを相互利用 | GameBusiness.jp

セガとバンダイナムコ、アミューズメントのICカードを相互利用

セガとバンダイナムコゲームズは、アミューズメントゲーム機のICカードシステムを相互利用すると発表しました。

その他 その他
セガとバンダイナムコゲームズは、アミューズメントゲーム機のICカードシステムを相互利用すると発表しました。

セガは1枚のICカードで複数のゲームデータを保存できる新しいシステム「Aime」(アイミー)を導入。バンダイナムコゲームスが導入を予定している新システムとの間でセーブデータの相互乗り入れを行います。

「Aime」ではデータは全てネットワーク上に保存。複数のゲームのデータを持ち歩く事が出来ます。紛失した場合もPC/モバイルで提供される「Aimeサービスサイト」に登録しておればデータ復元も容易です。ゲーム毎に発行費用を払う必要もなくなります。

「Aime」は秋から稼働予定の『戦国大戦』から導入されます。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら