小島秀夫氏、「プラットフォームに依存しない時代が来る」 | GameBusiness.jp

小島秀夫氏、「プラットフォームに依存しない時代が来る」

コナミデジタルエンタテインメントでKOJIMA PRODUCTIONを率いる小島秀夫氏は、昨日開催された「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER 完成披露発表会」の場で、将来的にはゲームがプラットフォームに依存しない時代が来るのではないかと話しました。

その他 その他
コナミデジタルエンタテインメントでKOJIMA PRODUCTIONを率いる小島秀夫氏は、昨日開催された「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER 完成披露発表会」の場で、将来的にはゲームがプラットフォームに依存しない時代が来るのではないかと話しました。
  • コナミデジタルエンタテインメントでKOJIMA PRODUCTIONを率いる小島秀夫氏は、昨日開催された「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER 完成披露発表会」の場で、将来的にはゲームがプラットフォームに依存しない時代が来るのではないかと話しました。
コナミデジタルエンタテインメントでKOJIMA PRODUCTIONを率いる小島秀夫氏は、昨日開催された「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER 完成披露発表会」の場で、将来的にはゲームがプラットフォームに依存しない時代が来るのではないかと話しました。

小島氏は冒頭の挨拶で

いずれ将来、プラットフォームに依存せず、リビングでも外出先でも同じゲームを遊べるようなクラウドコンビュティングの時代がゲームにも訪れると思っています。その時代に『METAL GEAR SOLID』はどのようなゲームを提示すればいいのか。PSPという携帯機で作られた「PEACE WALKER」はその実験の意味も含まれています。


とコメント。始めて携帯ゲーム機で小島氏が手掛けたメタルギアが、将来を見据えたものであることを示唆しました。

『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』は携帯機ならではの遊び方を提案した作品で、協力プレイや基地の育成といった要素が加わり、ジャンル名もタクティカル・エスピオナージ・アクションからタクティカル・エスピオナージ・オペレーションへと変更になっています。

一方で小島氏は次の作品について、「新しく生まれたタクティカル・エスピオナージ・オペレーションを、これまでのように最先端のプラットフォーム、最先端のテクノロジーで表現していきたい」と意気込みを語っていました。

完成披露発表会の様子は姉妹誌インサイドでレポートしています。合わせてご覧ください。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら