DeNA、ソーシャルゲームで再成長へ・・・好調なQ3業績を発表 | GameBusiness.jp

DeNA、ソーシャルゲームで再成長へ・・・好調なQ3業績を発表

ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」を運営するディー・エヌ・エーは、平成22年3月期第3四半期業績を発表しました。それによれば、売上高116億5500万円(前年同期比+24%)、営業利益52億2400万円(+32%)と、大幅な伸びとなりました。

その他 その他
ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」を運営するディー・エヌ・エーは、平成22年3月期第3四半期業績を発表しました。それによれば、売上高116億5500万円(前年同期比+24%)、営業利益52億2400万円(+32%)と、大幅な伸びとなりました。

特に「モバゲータウン」内での内製ソーシャルゲームが大ヒットし、PVとアイテム課金が大幅に拡大しました。また、中でも人気が高い『怪盗ロワイヤル』や『ホシツク』はmixiアプリモバイルでも展開を開始し、ユーザー数を拡大しています。さらに1月には外部の開発パートナーにプラットフォームを開放するAPIのオープン化もスタートしています。モバゲータウンの急成長を支えたゲームが再度活性化しています。

ゲームの売上高は1Qが3億7600万円だったのに対して、3Qは35億7700万円と約10倍に。月間ページビューも8月には約200億ページビューだったのが、12月には380億ページビューと約2倍にまで伸びています。

現在提供中の内製ソーシャルゲームは5タイトル。オープン化の外部パートナータイトルは92タイトルとなっています。利益率の高い内製ゲームを伸ばしながら、いかにパートナーにも利益をもたらしながら外部タイトルを拡大し、モバイルのゲームプラットフォームとしての地位を確立するか、今後の課題となりそうです。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら