台湾ニュースまとめ | GameBusiness.jp

台湾に関するニュースまとめ一覧

台湾 最新ニュース

もっと見る
販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し 画像
ゲーム開発

販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し

「中国への政治的批判」とされるアセットが見つかったとして販売が停止されている台湾産ホラーゲーム『還願(Devotion)』ですが、当面の再販予定はなし。ただし、信頼回復できれば再販も考えたいとのこと。

日本はアジアの中心になれるか?JeSU副会長浜村氏が語る『日本のeスポーツの現状について』 画像
その他

日本はアジアの中心になれるか?JeSU副会長浜村氏が語る『日本のeスポーツの現状について』

台湾・台北市でゲーム開発者向けの講演イベント「Asia Pacific Game Summit」の中で、日本eスポーツ連合(JeSU)副会長、浜村弘一氏による講演『日本のeスポーツの現状について』が行われました。

台湾でe-Sportsが公式スポーツ産業認可―「e-Sportsに然るべき地位が与えられるように」 画像
文化

台湾でe-Sportsが公式スポーツ産業認可―「e-Sportsに然るべき地位が与えられるように」

オリンピックでの種目採用の動きなど、注目が高まる“e-Sports”。そんな中、台湾では“e-Sports”を正式なスポーツ産業として認可することが決定した模様です。

本格カードバトルゲーム『Shadowverse』にて繁体字版が配信開始 画像
企業動向

本格カードバトルゲーム『Shadowverse』にて繁体字版が配信開始

Cygamesは、本格カードバトルゲーム『Shadowverse』にて、繁体字版の配信を開始したと発表しました。

「COMPUTEX TAIPEI 2016」国内記者会見―PCゲーミング分野も注力 画像
ゲーム開発

「COMPUTEX TAIPEI 2016」国内記者会見―PCゲーミング分野も注力

台湾貿易センターと台北市コンピューター協会は、台湾の台北市にて開催される世界最大級のITトレードショー「COMPUTEX TAIPEI 2016」に先駆けて都内のホテルオークラにて日本向けに開催内容を解説する記者発表会を実施しました。

売上高約8000万円・・・台湾で過去最大の海賊版販売を摘発 映画、アニメ、音楽など 画像
その他

売上高約8000万円・・・台湾で過去最大の海賊版販売を摘発 映画、アニメ、音楽など

2015年11月26日、台湾にて過去最大級の映画、テレビ番組、音楽などの海賊版製造拠点の摘発が行われた。サイトを運営していた男女2名を逮捕した。

台湾の地下鉄が生んだ最先端の萌えキャラ 日本でラノベ化決定「進め!高雄少女(仮)」 画像
その他

台湾の地下鉄が生んだ最先端の萌えキャラ 日本でラノベ化決定「進め!高雄少女(仮)」

可愛いキャラクター好きの間で密かに話題を呼んでいた台湾の「高捷少女」が、国内でライトノベル化されることが決定した。2015年冬にはGA文庫より第1巻が刊行される。

アソビズム、香港のGamania Digital Entertainment とライセンス契約し香港・台湾・マカオでの展開開始 画像
その他

アソビズム、香港のGamania Digital Entertainment とライセンス契約し香港・台湾・マカオでの展開開始

株式会社アソビズム が、香港のオンラインゲーム運営会社である Gamania Digital Entertainment とライセンス契約を締結し、iOS向けリアルタイムバトルゲーム『ドラゴンリーグX』とAndroid向けリアルタイムバトルゲーム『ドラゴンリーグA』を6月より香港、台湾、マ

MUGENUP、シンガポールと台湾でゲームイラストに特化した教育カリキュラムを提供 画像
その他

MUGENUP、シンガポールと台湾でゲームイラストに特化した教育カリキュラムを提供

株式会社MUGENUP が、 KADOKAWA Contents Academy株式会社 が展開する海外スクールにてゲームイラストの講義の監修・提供を行うと発表した。シンガポールでは3月24日より、台湾では3月28日より講義を開始する。

CyberZ、韓国・台湾に現地法人を開設 画像
その他

CyberZ、韓国・台湾に現地法人を開設

株式会社CyberZ が、海外現地法人として新たに韓国支社「CyberZ Korea, Inc.」と台湾支社「CyberZ Taiwan, Inc.」を開設すると発表した。

韓国モバイルゲーム大手のCOM2US、台湾支社を設立 画像
その他

韓国モバイルゲーム大手のCOM2US、台湾支社を設立

韓国モバイルゲーム大手の COM2US が台湾に現地法人を設立した。今後ここを拠点に台湾・香港・マカオの中文繁体字圏やタイ・シンガポール・ベトナム・マレーシアなど東南アジア地域への進出を進めていくという。

マーベラスのスマホ向けバスケゲーム『NBA CLUTCH TIME』、台湾・香港・マカオでも配信決定 画像
その他

マーベラスのスマホ向けバスケゲーム『NBA CLUTCH TIME』、台湾・香港・マカオでも配信決定

株式会社マーベラス が、2014年11月25日より日本国内で配信を開始したスマートフォン向けバスケゲーム『NBA CLUTCH TIME』( iOS / Android )の中文繁体字版を香港のnxTomo Games Limited.(壹傳媒遊戯有限公司)を通じて台湾・香港・マカオにて1月下旬より配信す

CyberZ、台湾のOfferme2と資本提携しアジア・パシフィック地域におけるスマホ広告事業を拡大 画像
その他

CyberZ、台湾のOfferme2と資本提携しアジア・パシフィック地域におけるスマホ広告事業を拡大

株式会社CyberZ が、台湾の台北市に拠点を置く Offerme2 と資本提携すると発表した。これによりCyberZはアジア・パシフィック領域におけるスマートフォン広告事業の拡大を図り、現地のマーケティングに基づいた商品開発などを通し、国内外における広告主のアジア進

一緒にいる友だちと遊ぶ協力プレイの楽しさを広めていく・・・『モンスターストライク』の台湾での育て方 画像
その他

一緒にいる友だちと遊ぶ協力プレイの楽しさを広めていく・・・『モンスターストライク』の台湾での育て方

2014年5月に台湾版の提供開始したのを皮切りに、『 モンスターストライク 』の海外展開をスタートしたミクシィ。現在、北米・韓国・中国とアグレッシブに進めています。現地でどのようなマーケティングが行われているのか、台湾展開を担当する安藤希倫氏と村田明子氏に

スマホ向け戦国ゲーム『戦国炎舞 -KIZNA-』が台湾での配信を決定 画像
その他

スマホ向け戦国ゲーム『戦国炎舞 -KIZNA-』が台湾での配信を決定

サムザップは、Garena台湾と提携し、iOS/Androidアプリ『戦国炎舞 -KIZNA-』の台湾での配信が決定したと発表しました。

韓国の大手スマホゲームディベロッパーのGAMEVIL、5番目の海外拠点として台湾オフィスを設立 画像
その他

韓国の大手スマホゲームディベロッパーのGAMEVIL、5番目の海外拠点として台湾オフィスを設立

韓国の大手スマートフォン向けゲームアプリパブリッシャー&ディベロッパーの GAMEVIL が、同社の5番目のグローバル拠点となる台湾オフィス「GAMEVIL Inc. TAIWAN Office」を設立したと発表した。

ミクシィ、『モンスターストライク』の海外展開を台湾を皮切りにスタート 画像
その他

ミクシィ、『モンスターストライク』の海外展開を台湾を皮切りにスタート

株式会社ミクシィ が、台湾にてスマートフォン向けひっぱりハンティングRPG『モンスターストライク』(繁体字名称:怪物彈珠)のAndroid版をリリースした。台湾版公式サイトは こちら 。

『ファンタシースターオンライン2』4月25日より台湾・香港・マカオでサービス開始 画像
その他

『ファンタシースターオンライン2』4月25日より台湾・香港・マカオでサービス開始

セガは、『ファンタシースターオンライン2』の台湾・香港・マカオでのサービスを4月25日より開始すると発表しました。

任天堂、台湾子会社を解散・・・香港の管轄に 画像
その他

任天堂、台湾子会社を解散・・・香港の管轄に

任天堂は、台湾で任天堂製品を取り扱っていた子会社、任天堂溥天股分有限公司を解散すると発表しました。業務は香港を拠点とする任天堂(香港)有限公司が引き継ぎ、台湾におけるオペレーションに変更は無いとしています。

台湾のUnalis、日本市場向け新ブランド「Ucube.Games」を立ち上げ 第1弾タイトル「「戦国の覇業」をリリース 画像
その他

台湾のUnalis、日本市場向け新ブランド「Ucube.Games」を立ち上げ 第1弾タイトル「「戦国の覇業」をリリース

台湾のゲームパブリッシャー Unalis Corporation が、日本市場におけるスマートフォン向けアプリの新ブランドとして「Ucube.Games」を立ち上げ、その第1弾タイトル「 戦国の覇業 〜夢のモノノフ軍団を作ろう〜 」をリリースした。ダウンロードは無料( iOS / Andr

  • 38件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ