ワーナー・ブラザーズ/Warner Bros.ニュースまとめ | GameBusiness.jp

ワーナー・ブラザーズ/Warner Bros.に関するニュースまとめ一覧

ワーナー・ブラザーズ/Warner Bros. 最新ニュース

Read more
『スカル アンド ボーンズ』リリースで『アサクリIV』のプレイヤー数が増加―ライブサービスに嫌気? 画像
市場

『スカル アンド ボーンズ』リリースで『アサクリIV』のプレイヤー数が増加―ライブサービスに嫌気?

同じスタジオによる同じテーマのゲームだけに、ライブサービスを敬遠する層が増えている、という見方もできそうです。

『ホグワーツ・レガシー』全世界累計販売本数が1,500万本を突破!ワーナーのゲーム史上最大の売上はなんと10億ドルに 画像
市場

『ホグワーツ・レガシー』全世界累計販売本数が1,500万本を突破!ワーナーのゲーム史上最大の売上はなんと10億ドルに

Warner Bros. Games史上最大のリリースを記録したとのこと。

『ホグワーツ・レガシー』4億時間以上プレイされ、20億人以上の闇の魔法使いが倒された… 画像
市場

『ホグワーツ・レガシー』4億時間以上プレイされ、20億人以上の闇の魔法使いが倒された…

3月9日には、多数の問題を修正するパッチも配信されていました。

『ホグワーツ・レガシー』発売前先行アクセスだけでSteam同時接続が50万人近くに 画像
市場

『ホグワーツ・レガシー』発売前先行アクセスだけでSteam同時接続が50万人近くに

Steamでの先行アクセスという、コンソールやEpic Gamesストアを含まない限られたプラットフォームだけでも驚異的な勢いを見せています。

『ゴッサム・ナイツ』開発元がAAAコンソールタイトル開発に着手か―プログラマー、アーティストの求人情報から明らかに 画像
ゲーム開発

『ゴッサム・ナイツ』開発元がAAAコンソールタイトル開発に着手か―プログラマー、アーティストの求人情報から明らかに

コンセプトアーティストの求人ページには「今後予定されているAAAコンソールタイトル」に携わることが求められています。

ハリポタ世界が舞台のRPG『ホグワーツ・レガシー』発売は2023年2月10日に―スイッチ版は後日発表予定 画像
ゲーム開発

ハリポタ世界が舞台のRPG『ホグワーツ・レガシー』発売は2023年2月10日に―スイッチ版は後日発表予定

1800年代のホグワーツを冒険できる作品。

障がいに関する描写が批判の的に―『ゴッサム・ナイツ』とあるキャラの紹介文が変更される 画像
ゲーム開発

障がいに関する描写が批判の的に―『ゴッサム・ナイツ』とあるキャラの紹介文が変更される

初期のバットガールの公式紹介文が一部ファンの間で批判されていました。

『ゴッサム・ナイツ』に課金要素なし―クロスプレイ非対応などFAQでいくつかの仕様が明らかに 画像
ゲーム開発

『ゴッサム・ナイツ』に課金要素なし―クロスプレイ非対応などFAQでいくつかの仕様が明らかに

また、2人でのCo-opプレイが改めて明言されました。

『ゴッサム・ナイツ』などDCゲーム開発に革新か?ワーナー・ブラザース新企業が方針見直しとの報道 画像
ゲーム開発

『ゴッサム・ナイツ』などDCゲーム開発に革新か?ワーナー・ブラザース新企業が方針見直しとの報道

合併・設立から間もない企業ですが、早速新方針を打ち出したようです。

「待望のゲームを完璧な形で届ける」ワーナーメディアCEOが『ホグワーツ・レガシー』などの年内販売を公約 画像
ゲーム開発

「待望のゲームを完璧な形で届ける」ワーナーメディアCEOが『ホグワーツ・レガシー』などの年内販売を公約

ワーナーメディアCEOは2022年内に「待望のゲームを完璧な形で届ける」ことを抱負として挙げました。

セガがWB Gamesの日本向け家庭用ゲーム製造・販売を担当―第1弾は『Back 4 Blood』 画像
市場

セガがWB Gamesの日本向け家庭用ゲーム製造・販売を担当―第1弾は『Back 4 Blood』

WB Gamesの国内家庭用タイトルをセガが担当することが明らかに。

ワーナーメディアの分割・統合で『Mortal Kombat』開発会社含むゲーム制作部門にも影響か 画像
企業動向

ワーナーメディアの分割・統合で『Mortal Kombat』開発会社含むゲーム制作部門にも影響か

WBIEにはNetherRealm StudiosやRocksteady Studiosなど11のスタジオが。

新作Co-opゾンビFPS『Back 4 Blood』発売延期発表―「最高の状態で届けるため」 画像
ゲーム開発

新作Co-opゾンビFPS『Back 4 Blood』発売延期発表―「最高の状態で届けるため」

今夏にはオープンベータテストが実施。

1800年代のホグワーツを舞台にしたオープンワールド魔法RPG『ホグワーツ・レガシー』リリースが2022年に延期 画像
ゲーム開発

1800年代のホグワーツを舞台にしたオープンワールド魔法RPG『ホグワーツ・レガシー』リリースが2022年に延期

延期理由については「ファンに最高の体験を提供することが最優先事項であるため、ゲーム開発に必要な時間を与える」としています。

AT&Tによるワーナーのゲーム部門売却が取りやめられたことが明らかに 画像
企業動向

AT&Tによるワーナーのゲーム部門売却が取りやめられたことが明らかに

アメリカの大手通信会社AT&Tが、傘下企業であるワーナー・ブラザースのゲーム制作部門、ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントの売却を取りやめたことが分かりました。

ワーナー、従業員向けメッセージでゲーム部門の存続を確認 画像
企業動向

ワーナー、従業員向けメッセージでゲーム部門の存続を確認

8月7日、従業員向けのメッセージの中でゲームやその他のインタラクティブ体験を今後も伝えていくことを記しワーナー・ブラザースのゲーム制作部門の存続を示唆しました。

マイクロソフトやテイクツー、EAなどの大手がワーナーのゲーム部門買収に興味を示す 画像
企業動向

マイクロソフトやテイクツー、EAなどの大手がワーナーのゲーム部門買収に興味を示す

約40億ドルでの売却が見込まれているようです。

DC最大のバーチャルイベント「DCファンドーム」が8月開催! 新作ゲーム発表への期待も高まる 画像
その他

DC最大のバーチャルイベント「DCファンドーム」が8月開催! 新作ゲーム発表への期待も高まる

噂のバットマン新作ゲームが遂に…?

ARゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』2019年配信決定─事前登録も受付中 画像
企業動向

ARゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』2019年配信決定─事前登録も受付中

ワーナー・ブラザーステレビジョン&ホームエンターテイメントとNiantic, Inc.は、モバイルゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』を2019年に配信すると発表しました。あわせて、事前登録の受付も開始しています。

サイコーな悪党(とヒーロー)が暴れまくる『レゴ DCスーパーヴィランズ』魅力たっぷりのセッション&インタビュー!【TGS2018】 画像
ゲーム開発

サイコーな悪党(とヒーロー)が暴れまくる『レゴ DCスーパーヴィランズ』魅力たっぷりのセッション&インタビュー!【TGS2018】

DCコミックスのヴィランたちとレゴがコラボした『レゴ DCスーパーヴィランズ』。本記事では、「東京ゲームショウ 2018」でメディア向けに行われたゲームプレイのデモセッション、及びWilliam Evans氏へのインタビューをレポートでお届けします。

  • 24件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ