『PUBG』開発元がクローンゲーム『Free Fire』を提訴―これを配信したAppleやGoogleも訴える | GameBusiness.jp

『PUBG』開発元がクローンゲーム『Free Fire』を提訴―これを配信したAppleやGoogleも訴える

収益を上げる『PUBG』クローンにKraftonが提訴。

その他 事件
『PUBG』開発元がクローンゲーム『Free Fire』を提訴―これを配信したAppleやGoogleも訴える
  • 『PUBG』開発元がクローンゲーム『Free Fire』を提訴―これを配信したAppleやGoogleも訴える
  • 『PUBG』開発元がクローンゲーム『Free Fire』を提訴―これを配信したAppleやGoogleも訴える

PUBG: BATTLEGROUNDS』の開発元であるKraftonは、モバイル向けに配信されている本作のクローンゲーム『Free Fire』『Free Fire Max』などを開発するGarenaを提訴したことを明らかにしました。併せて、それらをストアで配信したAppleやGoogleも提訴されています。

Kraftonは、『Free Fire』『Free Fire Max』は著作権で保護されたゲーム開始時のエアドロップ(降下)や、ゲーム構造とゲームプレイ、武器防具、オブジェクトの組み合わせ、ロケーション、配色、素材、質感の全体的なチョイスなど、個別または組み合わさった要素が広範囲に渡って『PUBG』をコピーしていると主張。Garenaはアプリの売上で数億ドルの収益を得ており、AppleやGoogleも同様にストアの手数料を通じて相当額の収益を得ているとしています。

また分析会社Sensor Towerが海外メディアTheVergeに提供した情報によると、『Free Fire』は2021年に11億ドルの収益を獲得し、前年より48%増加しているのに対し、『PUBG Mobile』の収益は29億ドルと金額こそは勝っているものの前年比ではわずか7%増であるとのこと。別の分析会社にも確認したところデータは異なっていましたが、『Free Fire』が『PUBG』に追いついてきているという点では共通していたようです。

Kraftonは12月21日にGarenaに対して『Free Fire』の搾取を直ちに停止するよう求めましたが、Garenaはそれを拒否。さらに、YouTubeに対して『PUBG』と別の長編映画を露骨に侵害する要素が含まれているとしてゲームプレイ動画の削除を求めましたが、YouTubeはそれに応じなかったとのことです。

《みお@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら